道路・自動車豆知識館

道路のバリアフリー化

バリアフリー化とは、高齢者・障害者等が円滑に利用できるようにすることです。

交通バリアフリー法の規定に基づく重点整備地区において移動を円滑にするために必要な道路の構造に関する基準は、道路法や道路構造令などの法律によって定められており、具体的には以下のようなものがあります。

  • 幅の広い歩道を整備
  • 歩道の段差・傾斜・勾配の改善
  • バスに乗りやすい歩道の高さの確保
  • 立体横断施設へのエレベーターの設置
  • 視覚障害者誘導用ブロックの設置
  • 歩行者案内標識の設置
  • 植樹帯、並木、柵などの整備
  • 休みながら歩ける施設の整備
  • 放置自転車対策として駐輪場の整備
  • 道路の無電柱化
  • 駅舎の出入口の段差の解消
  • 駅のエレベーターの設置
  • 点字や音声による鉄道路線・運賃案内
  • 音響信号機の整備
 
スポンサードリンク